車を売るために必要な準備

 みなさんは、車を売る際にどれほどの書類が必要になるかご存じだろうか。必ず必要になる書類だけでも、「自動車検査証」、「自賠責保険証明書」、「自動車税納税証明書」、「実印」、「印鑑証明書」、「譲渡証明書」とこれだけ必要になってくる。

鉄スクラップを100%原料とする電炉鋼板の採用開始 / ニュースリリース | リコー

 車をお持ちの方はご存じだろうが、少し、上記に記載した必要な書類の説明をしたいと思う。大事なことなので、忘れている方は、しっかりと覚えておいてもらいたい。
 まずは、自動車検査証である。これは、国土交通省の定める自動車検査に通った際に交付されるものであり、車を運転する際には、必ず常備しておかなくてはならない大切な書類である。自動車検査が残っている場合や一時抹消登録していない場合は、車を売る際には必ず必要になってくる書類であるため、もしも、紛失している、あるいは、盗難等でなくなっている場合は、すぐに運輸支局で再発行を行ってほしい。

 つぎは、自賠責保険証明書である。これは、車を運転するにあたって、必ず加入しなければならない保険であり、まだ、車検が残っている車を売る場合はこの保険の証明書が必要となってくる。こちらも紛失、盗難等でなくなっている場合は、再発行を行ってほしい。

廃車

 つぎは、自動車税納税証明書である。これは、運輸支局に登録されている自動車所有者に対して課税される自動車税を納付したことを証明する書類であり、車を売る際には必ず必要となってくるものである。また、自動車税は毎年5月中旬以降に納付書が送付されてくるので、納付した場合は、しっかりと証明書を管理しておくほうがよいだろう。軽自動車の場合は、「軽自動車納税証明書」になる。

 つぎは、実印、印鑑証明書である。どちらも、譲渡証明書に捺印するために、車を売る際に、とても必要になってくるものである。もし、印鑑登録を行っていない方がいらっしゃれば、市町村役所で申請すれば簡単に印鑑登録を行うことができるため、車を売る際には、必ず確認をしておくとよいだろう。

JFE条鋼株式会社:新卒採用/事業の特徴

 最後に譲渡証明書である。車を譲渡する際に必ず必要となる書類であり、これは、業者に頼む場合は業者が行ってくれるが、個人で売却する場合は、運輸支局でもらうことができるため、準備をしておく必要がある。

 以上が、車を売る際に必ず必要になる書類である。あとは時と場合によりこれら以上に増えることもあるため、あらかじめ、調べておくとよいだろう。